2018年12月2日 公開日

『おちんぽ人体実験(モルモット)~五感全て犯し尽くしておちんぽハムハム大好き女に仕上げてみた~』 おばんざい☆スタジオ【薬物実験で自分勝手なドS科学部部長を淫乱ドM性奴隷にハメ堕とす!】

おちんぽ人体実験(モルモット)~五感全て犯し尽くしておちんぽハムハム大好き女に仕上げてみた おばんざい☆スタジオ CG集

 (15929)

本作品おすすめの1枚!
男の尊厳を踏みにじられた主人公が、ついに復讐の鬼と化して、
傲岸不遜な部長に対して反旗を翻した場面です!
塗れそぼったパンティを見た彼は、薬の調合の成功を確信するのでした!

見所ピックアップ!

傲慢なドS部長に男子の尊厳を踏みにじられた主人公は苛烈...

傲慢なドS部長に男子の尊厳を踏みにじられた主人公は苛烈な復讐を誓います!!

視覚や聴覚を鋭敏にされた彼女は、窓際で犯されて激しく感...

視覚や聴覚を鋭敏にされた彼女は、窓際で犯されて激しく感じます!

嗅覚を強化する薬で、精液の匂いを嗅いだだけで激しくイッ...

嗅覚を強化する薬で、精液の匂いを嗅いだだけで激しくイッてしまいます!

自分が追い出した元部員達にアナルまでも犯されて輪姦され...

自分が追い出した元部員達にアナルまでも犯されて輪姦されてしまいます!

全て混ぜた薬を飲まされた部長は、今まで以上に激しくイキ...

全て混ぜた薬を飲まされた部長は、今まで以上に激しくイキまくるのでした!

本作品の一番の見どころは、科学部部長、伊勢宮澪奈(いせみや・れいな)が、
復讐に燃える主人公の薬によって、身も心も堕落していく過程の描写です!

ただ実験が好きなだけの人畜無害(?)な変人だった主人公から科学部を
奪い取ったドSな彼女は、残りの男子部員たちを理不尽な実験で苦しめて
追い出してしまいます。
ついには主人公にもその魔の手を伸ばして、唯我独尊な実験で
彼の心にトラウマレベルの傷を負わせます。

その事で自宅に引きこもった主人公は、ひたすら復讐のための
薬を調合する事に没頭します!

そして、ついに完成したソレを持って澪奈の元へと向かった彼は、
彼女を眠らせると、M字開脚で縛り身体を拘束。

そして、薬で彼女を発情させると無理やり処女を奪うのです!

薬によってビッチマ〇コに改造された彼女は、処女にも関わらずチ〇ポで
イキまくってしまうのでした。

その全てを動画に撮った主人公は、それをネタに彼女を脅すと更なる実験へと
強制的に付き合わせます。

嗅覚や触覚、そして視覚を敏感にする薬を飲ませると、チ〇ポをしゃぶらせ、
誰に見られるとも分からないのに窓際でバックから犯し、彼女を快楽調教して
いきます。

すると、澪奈は自分でも自覚していなかったマゾ性を開花させて、
愛液でおまんこをびしょびしょにしてイキまくってしまうのです!

それでもなお、主人公の実験は終わりません。

彼女に視覚、触覚、嗅覚を強化する薬を使用し、実験を繰り返していきます。
すると、彼女自身も実験を楽しみにする素振りまで見せ始めるように。

その事で次の段階へ進めると確信した主人公は、かつて酷い実験で澪奈が追い
出した元科学部員達を呼び寄せると、彼女を輪姦させて反応を楽しむのでした。

こうして、実験をエスカレートさせていく主人公は、彼女が本当に屈服したか
確認するために聴覚強化の薬を投薬すると、授業中に彼女自身の喘ぎ声
を聞かせて反応を見る事にしました。

放課後、一日中自分の喘ぎ声を聞かされながら授業を受けていた彼女は何十回もイッてしまい、
すっかり出来上がっていました。

そして、主人公におま〇こを弄られる、クチュクチュ音でヨガリ狂った彼女は
ついに主人公の実験の被験者となる事に、自分の全てを捧げてしまうのでした……。

男を実験道具としてしか見ていない自己中なオンナに、性の快楽を味わせ、
牝奴隷に堕としていく様が、美麗なCGでねっとりじっくりと描かれている快作です!
どこまでも堕ちていく彼女の様をとくとご覧ください!

販売サイト様

おちんぽ人体実験(モルモット)~五感全て犯し尽くしておちんぽハムハム大好き女に仕上げてみた~(おばんざい☆スタジオ) - FANZA同人(旧DMM.R18)

864
【FANZA(ファンザ)/(旧DMM.R18)】おちんぽ人体実験(モルモット)~五感全て犯し尽くしておちんぽハムハム大好き女に仕上げてみた~の詳細ページ。同人サークルのおばんざい☆スタジオが制作。同人誌やゲームソフト、コミックからCG集など多彩な作品をダウンロード販売!
 (15942)

 (15943)

 (15944)

 (15945)

 (15946)

 (15947)

 (15948)

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

くしろん くしろん

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く